« 警戒区域で生きる動物達 | トップページ | あきらめない人達、応援してにぇ! »

2011年5月17日

生かされた命をつなげ

まずは嬉しいニュースから。

家畜の問題は具体的に動き始めたので、もう大丈夫。
警戒区域の家畜 飼育継続を検討 :NHKニュース

後はペット達の救出が、一日も早く行われますようにsign01



************************************


震災の4日前にヒメを天国に送り、地震で失われた数多くの命の悼み、20キロ圏内に残された動物達の問題を追う・・・
ここ2ヶ月、ずっと「命の重さ」の問題を考えてきました。

Twitterを見ていると毎日流れ込んで来る情報があります。
それは期限付き、殺処分前の里親募集の必死な呼びかけです。


被災地の動物達に注目が集まる中、
ここにも「助けなきゃいけない命があるのよ!」と・・・




正直言って今までは、この問題には目を向けないようにしてきました。

あまりにも悲しい現実があるから・・・

でもね、現に今、人間の身勝手で失われていく尊い命がある以上、逃げてちゃいけないんじゃないか・・・そう思います。



ドイツでは殺処分・・・・されてないじゃないですかsign01
ドイツからのレポート 〜動物殺処分数0、処分所0〜



熊本の動物愛護センターでも、殺処分ゼロが実現されましたよね。




やっぱり、やれば出来るんですsign01



猫パンチTVに参加されている【東京キャットガーディアン】も、殺処分0を目指して頑張っているNPOです。
こんな風に活動して頑張っている人達・・・全国に沢山います。


そんな事を考えている時、こんなニュースも飛び込んできました。
犬猫殺処分数削減へ 京都市が愛護センター検討

この震災で失われた多くの尊い命を思い、動物愛護の気運が高まっているんですね。
この動きが全国に広まって欲しいと思います。


被災動物の支援は20キロ圏内だけではありませんし、警戒区域の動物達が保護された後、飼い主さんの元に返る事が出来ない子も出て来ます。
その尊い震災を生き延びた命が「処分」される事があってはならないと思うのです。

被災した動物の里親さん、求められています。
被災ペット 生かされた命をつなげ

でもね、引き取られた後、「震災復興のボランティア・ムードにのって里親になったけど、やっぱり飼えない」なんて事があってはいけない。

最後まで見届ける・・・それは、被災した子達が天寿を全うするまで見届ける・・・そうでなくてはいけないと思います。


私なんかに出来る事は小さい。
でも、例え0.001ミリでも前に進む後押しが出来るのであれば、やらなきゃねsign01



Img_6796_2



書きたい事が多過ぎて、いっぺんには書ききれません。


続きはまた次回・・・

|

« 警戒区域で生きる動物達 | トップページ | あきらめない人達、応援してにぇ! »

コメント

みんなの力が集まれば、
少しずつ改善できますよね。
急がば回れですよね。
あきらめずに、
仲間のためにそして、自分のためにね。
一緒にがんばろうね。
みんニャ♪

投稿: しばシマイ | 2011年5月18日 04時50分

熊本の殺処分0は知っていました
やればできるんですよね
皆で少しずつ努力をすればできるはず
猫さんや犬さんそのほかのいきもの達の為に
がんばって行きたいですね

投稿: 黒ネコ | 2011年5月18日 06時34分

殺処分0!凄い事ですよね。
でも、その反面無責任な飼い主の多い事・・・。
一度飼うと決めたら最後まで責任もって面倒みなきゃ。
店頭にペットを並べて販売してるのも日本くらいと聞きますもんね。
世界中のわんにゃんが幸せになってほしい。

投稿: merumomo | 2011年5月18日 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警戒区域で生きる動物達 | トップページ | あきらめない人達、応援してにぇ! »