« 被災動物の為に出来る事 | トップページ | 【速報】岡田幹事長が福島県に入ります。 »

2011年5月 8日

まだまだ出来る事がある。

おバカな猫ブログを期待して足を運んで下さった方へ。
福島原発20キロ圏の動物の救済が順調に進み始めるまで、私の脳みそも動かなさそうです。
でも、こうして状況をお伝えしていく事が、良い方向に動くと手助けになる思うんです。
出来ましたら一緒に成り行きを見守って頂ければ嬉しいです。
宜しくお願い致します。o(_ _)oペコッ



ではまず、その後の状況から・・・

少しずつですが概要が見え始めています。

藤野真紀子オフィシャルブログより
(概要)
『環境省としての目標は全頭の保護と聞いてます。』
<環境省の現段階での目標>
一時帰宅時に飼い主さんがペットをケージなどにいれ、フードや水を置いてくる。
出来るだけ早い段階(未確認だが遅くても2~3日後)に保護。
その他、飼い主が一時帰宅で見つけられなかったペットで保護依頼のあるペット、又、依頼されているかどうか分からない放浪ペットの全てを保護する方針。
http://ameblo.jp/makiko-fujino/entry-10883944161.html



玉木雄一郎衆議院議員のTwitter @tamakiyuichiro より
(概要)
6日夜、国から福島県に対し20kmの犬や猫に然るべく対処するよう要請する文がされた。
国としても対処するが、現地を熟知し実行力のある県としても 対応してもらいたい旨の要請文。



福島民報より

(概要)
原発から20キロ圏内の警戒区域への一時帰宅は、10日にも始まる。
川内村をトップに始まり、葛尾村、田村市。
残る市町は13日に設置される住民の希望を集約した上で開始する方向。
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9839718&newsMode=article



焦る気持ちを抑えつつ・・・
一日も早い実現を後押ししましょう。

Img_7893


***********************************

以前ご紹介した、Natural Dog Styleさんの
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

が閉め切られました。
なんと50万筆を越えたそうです。
本会議(国会)で直接議論・採決してもらえる「請願署名」にする為に、紹介議員を20名を集めているそうです。


『福島県警戒区域内の動物救済の要望書』も1万人を超えそうな勢いです。
まだまだ行けますsign03

Img_2759

6日、久しぶり会社に行ったので、メアドを知らない動物好きの同僚に、手渡しで賛同お願いしてきました。
(1枚でプリント出来るようレイアウトしちゃおうと思ったら、.pdfがロックかかってて出来ませんでした。Freepetさん、プリントして手渡しできる用のポスターみたいなの、作りませんか?)

ネット環境に居ない人も、気にはしてるけど協力できる場を知らないだけ。喜んで協力してくれました。



では・・・『もっと何かしたいsign01やり足りないsign03と言う方に』

被災地動物情報のブログさんで署名や要望書などが簡単に送れるサイトをまとめて下さっています。

『Freepet要望書参同。携帯や英語バージョンも』
先日ご紹介したFreepetさんの福島県警戒区域内の動物救済の要望書に英語バージョンが出来ました。
他、英語のオンライン署名5サイトと、PETAが英語の嘆願書のサイトをの紹介もあります。
英語も簡単な入力ですみます。
入力方法も丁寧に記載して下さっていますよ。
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10884532592.html

参加されていない署名あったらお願いします。



今本茂樹獣医師がブログ 新庄動物病院の掲示板より
動物救済に必死で動いて下さってる政治家先生に「応援メール」を送る提案をしています。
議員先生、送られてきたメールは全て読まれているそうです。
エールを送りましょう。

『希望のないところに、どうして復興の芽が生えるでしょうか?』
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62771568.html



Img_7873



************************************


お時間あれば・・・
是非こちらの動画もご覧下さい。

『MBS VOICE 獣医師が見た半径20k圏内は今(毎日放送)』
  20キロ圏内に視察に行かれた獣医師・今本茂樹先生のインタビューです。
視察時の家畜舎のビデオも紹介されています。(泣きました)


『石巻動物救護センター』
宮城県の被災動物を救護する石巻動物救護センターの映像。設立のきっかけ、主な業務内容、獣医師、ボランティアからのメッセージです。



福島県も100匹収容できるシェルターを作ったと聞きましたが、その後どうなっているのでしょうか。
地震、津波に加えた「原発事故」が重く伸しかかります。
皆さん大変なご苦労だと思いますが、福島のシェルターも早く石巻動物救護センターさんのように機能し始めますように。


福島原発20キロ〜30キロ圏内で保護活動をされている
ねこさま王国のブログで保護活動の様子が紹介されています。
『福島震災動物レスキューの現状5月3,4日(転載希望)』
やっぱり泣けます。
なんだか最近、泣ける事ばかり・・・・
http://blog.livedoor.jp/ariko602/archives/52040699.html

是非ご覧下さい。



***********************************


現地で必死に動物達の保護をして下さっている愛護団体の方の活動報告をみるにつけ・・・

うちだって変な病気が無ければ一時預かり3〜4匹は出来るのにsign01
慣れてない子でも引き受けますよsign01
っと思わずには居られません。

でも我が家に巣食っている、猫のマイコプラズマの正体が調べても全然分からないんです。

酷くはならないのに、良くならない。
治ったかなと思って安心してると、半月くらい経つとまたゼーゼーし始めるの繰り返し。
しかもだんだん広がっていく・・・

どなたか、猫のマイコプラズマに関してご存知の方が居たら何でも構いません、教えて頂けませんか?

感染経路とか、ケージ越しなら移らないとか・・・分からないから動けないsweat01

|

« 被災動物の為に出来る事 | トップページ | 【速報】岡田幹事長が福島県に入ります。 »

コメント

今本茂樹獣医師のブログ、やっと見られました(^_^;)
ツイッターの方からは行けなかったのです。

福島の避難区域の動物達が本当に心配です。
飼い主さん達の気持ちを思うと
たまりません。

それにしてもマイコプラズマ・・・なんでしょうか?
私は全く知らないので、力になれませんが・・・

投稿: mie | 2011年5月 8日 00時47分

一刻も早く手を打ってほしいですね
遅れれば遅れるほど助かる命も助からなくなりますものね
今本医師の動画目をふさぎたくなりました
あってはならない事ですよね
衝撃で考えがまとまりません一刻でも早く助け出してと頭の中でぐるぐると回ってるのみです

投稿: 黒ネコ | 2011年5月 8日 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災動物の為に出来る事 | トップページ | 【速報】岡田幹事長が福島県に入ります。 »